手作りせっけん 

  • 2015.04.29 Wednesday
  • 21:01
手作り工房 吟(ぎん)
下谷 裕子さんのつくる 手作り石鹸 入荷しました!





















私が出張などで行く愛知県新城市長篠にある

『手作り工房 吟(ぎん)』の無添加・無着色・無精製オイルなど自然のものだけで作られた、

食べても安心の正真正銘の無添加石鹸です。

その手作り石鹸が今回も入荷しました。

今回は少し在庫がございます。

次回の入荷は5月半ばを予定しています。


はじめはアトピー性皮膚炎の患者さんなどで、石鹸などもなるべくからだに優しい自然のものを使用したいという要望を頂き当院でお分けしていたのです。
(私自身も患者さんの使われるものや薬なども必ず使ってみるようにしているのですが家での入浴では髪の毛もからだもほとんどこれらのなるべく自然なものからできている石鹸を使用するようになり、ここ4〜5年はリンスも使ったことは一度もない状態です)


自然の優しいものに慣れてしまうとやはり市販のものは強すぎる感じがします。

治療院での手洗いでは消毒作用の強いものを使うのでその差が歴然です。

髪の毛でいうとはじめのうちは髪の毛がゴワゴワしてパサパサだったのですが、1ヶ月位してからでしょうか?髪の毛の痛みがなくなったようでリンスがなくても十分柔らかな髪の毛になるようになりました。

頭皮が健康になってから気付いたのですが、そういえば頭皮の赤みやヒリヒリする感じが以前は無意識的にあったんだなぁということもわかるようになりました。

その後朝の顔のむくみが出ることも少なくなったように感じます。
経皮毒といわれる界面活性剤をはじめとする化学物質が体表(皮膚)から吸収されなくなると、頭や顔の肌も明らかに変わって顔の肌の知覚は今までは異常だったのだという感じがします。



是非 コールドプレス(低温鹸化法)で、丁寧に手作りされている下谷さんの
自然な石鹸を使ってみてください。


→ からだに優しい手作り石鹸(手作り石鹸の良さ^^)


どうして作った日が書いてあるの?

どうして突っ張らないの?

などなどですスマイル








 

『風邪をきっかけに、身体は良くも悪くもなる』

  • 2015.04.22 Wednesday
  • 21:01






【参照】 http://oka-jp.seesaa.net/article/417639697.html
人間にとって最も日常的で慈悲深い治療者は「風邪ウイルス」かもしれないこと。そして、薬漬け幼児だった私がその後の十数年経験した「免疫回復戦争」の地獄体験記


風邪は自然の健康法そのものであり、風邪を引くことで自分の体のさらなる悪化を防いでいる。

上記は、In Deepさんのブログに書かれていた内容です。



整体という言葉自体をつくられた野口晴哉師とイギリスの天文学者であり、SF小説家である、
フレッド・ホイルという方とのからだの見方の類似性。
また、人間(ヒト)、私たちにとっての風邪というものの見方や考え方について、通常の西洋医学的な風邪というものを
私達の捉え方とは180°異なる見解について書かれています。

東洋医学(鍼灸・漢方)という身体の見方で今までの様々な患者さんから教えられたことです。
風邪というものの概念は、In Deepさんのブログに書かれていることは、
私自身の日々の様々な患者さんと接していて感じることとほぼ同様です。

『風邪(カゼ、ふうじゃ)というもの』の概念は、私達に牙を剥くこともあるのですが、
本来は私達自身の身体をリセットしようとしてかかっていて、
自然というものの見方の中では私達にとって必要なもの?重要なもの。
ではないかと思っています。

風邪というものとさえ友達になれれば、
私達自身のからだについても、とても優しくなれるかもしれません。



今回ご紹介させて頂いた In Deepさん のブログでは、
風邪(ふうじゃ)について、
御自身の病気やからだの不調から感じたことを交え、とても詳しく、わかりやすく丁寧に書かれ
ておられました(様々な方の風邪をはじめとする身体感、病のみかたなどを拝見していますが、
その中でもとてもわかりやすく書かれています)ので是非ともご一読してみてください。


鍼灸や漢方の風邪を抜く治療 の考え方。
〜風邪(かぜ)は万病のもと〜

当院では風邪抜き治療による体質改善をしています。

http://kyushindo.feel-hariq.com/kazemanbyo.html



風邪は自分のからだを「治すため」(リセットするため)にかかる。

『風邪をきっかけに、身体は良くも悪くもなる』

民間療法などでは、子供の頃十分しっかりした風邪を引いて、しっかりと治した子は丈夫なから
だになると言われています。

また子供の頃かかった風邪を十分治しきらない状態が続いて、花粉症やアトピー性皮膚炎の原因
や喘息になるとも昔からよく言われてきました。


総じて東洋医学(鍼灸・漢方)ではよく『風邪は万病のもと』といわれますが、
からだが以前の状態よりよくなるのも、悪くなるのも、風邪の時の養生にかかっています。
『風邪をいかにやり過ごすのか』というようなことです。


野口晴哉師は、「風邪を上手く通過させる」というように表現されますが、
上手く通過させたときのからだは「風邪がぬけた〜」という感覚が自覚的にハッキリとわかり、
その後は風邪にかかる前の身体の状態よりもかなりスッキリとした感覚になります。



ある日をきっかけに、
今まで感じていなかった肩こりや背中の筋肉のこりがやけに感じる。
頭痛を感じる。
からだのあちこちの関節が動かすと痛いような、重いような、何だかおかしい。

以上は、東洋医学(鍼灸・漢方)でいう風邪の初期状態で、
表証といったり、太陽病の風邪といったりするものです。
これに本来は、『寒け』や『熱が出る』といった、
『悪寒発熱』があるのが通常なのですが、

上記のような

「何だか今日はからだの感覚がおかしい」
「やけに肩が凝る」
「頭がスッキリせず、頭が重かったり、頭痛がする」

などの症状しか出ないことがあります。

これは、日頃の疲労の蓄積や不養生がたたり、風邪を治そうとする発熱をすること自体が
できなくなっている状態だと考えられます。
そしてこのような『風邪を想定した治療』をしてゆくと、
様々なからだの不調が次第になくなっていきます。





風邪の諸症状はすべて治そうとする防御反応。
咳 くしゃみ 鼻水 扁桃の腫れ
本来はウイルスや細菌に対する喀出反応で、
それらを排出するための生体に備わる自然な防御反応として起こっているものなのです。

ですから古くからある東洋医学(鍼灸・漢方)の書物では生命に危険を及ぼしていない限り、
「咳などは止めるべからず」です。


逆にいうと、風邪を引いて熱が出る方は免疫力があります。
一時期は大変なのですが、免疫力の強い人ほど諸症状が強く出て、
短期間にスッキリと回復します。

しかし、免疫力が低下した方では、
以上のような症状のみで発熱はあまり伴わなくなってしまいます。

野口晴哉師は、風邪をきっかけに身体を整えようということを繰り返し説かれています。

私も様々な患者さんを診させて頂いたり、自身の身体で今までに感じてきたことは、数週間のうちに小さな風邪に何度もかかっている状態のときもあります。
自身のからだに少しだけ目を向けてあげて、日々その身体の感覚を意識してあげるだけでもかなりの健康度は増してゆきます。

これらのことを患者さんによく話すのですが、誰にも教えられずして、ご自身で小さな風邪を引いたことを自覚し、入浴やほんのちょっとの身体を動かすこと、また休むこと、食べ物のことを変えたりするだけで小さな風邪をきちんと抜ききっている方もおられます。

そういった方にとっては当たり前すぎることなのか、
一見現代の西洋医学とは全く異なる考え方を話すので
私のほうは理解してもらえるようにいろいろと気を使って話させて頂くのですが、
全くご本人は気にしていないようでそのまま話が通じて説明がほとんどいらなくてすみ助かります^^;
とても素直で自然に即した身体感覚なので、鍼やお灸をしても気の通りがとてもよいのです。


このような方は、未病という概念の中でもかなり健康度の高い方です。
気血の流れである経絡やツボ(経穴)の滞っているところは少なく、とても軟らかい健康的な筋肉をしていて、胃腸の働きも活発(胃の気の脈が元気)です。

大事なことは、御自身の身体感覚に自然になることかもしれません^^






今回は風邪について少し突っ込んで書いてみました。
仕事柄、周囲の方に迷惑が掛けられないので咳は止めたいので服薬しなくてはならない。

そのような方が当院でもたくさんおられます。

よほど未病が悪い段階でなければ、服薬後に解毒して薬を抜きやすいからだを考えて、
まずは症状を抑えるのも一つの考え方です。
このようにその方に合った治療を組み立てることも常に考えております。

『健康にはいい』と頭では分かっていても、
生活の諸事情の中ではなかなかできないことも多いという方もおられます。
これら様々なお一人、お一人に合った事情に対応できるのが、
東洋医学(鍼灸・漢方)のいいところでもあるのです(^o^)

どのように御自身が治していきたいか?

いつでもお気軽にお話を聴かせに来て下さい<(_ _)>


 

◆参考図書 『風邪の効用』 野口晴哉  ちくま文庫

 風邪は自然の健康法である。風邪は治すべきものではない、経過するものであると主張する著者は、自然な経過を 乱しさえしなければ、風邪をひいた後は、あたかも蛇が脱皮するように新鮮な体になると説く。本書は、「闘病」という言葉に象徴される現代の病気に対する考 え方を一変させる。風邪を通して、人間の心や生き方を見つめた野口晴哉の名著。

 解説 伊藤桂一 より抜粋



ありがとぅございましたありがとう


 

毒出しの季節です

  • 2015.04.19 Sunday
  • 20:33

デトックス(毒出し)モードにスイッチ入りました。





春は『肝』の働きが高まる季節

東洋医学の五行説にあるように、

人間は『春夏秋冬』それぞれの季節により、臓器の働きが変化します。

春は『肝』東洋医学でいうところの『肝臓』の働き始める季節です。

春が来ると、身体は『冬』の間に溜め込んだ毒素を排泄し始めます。

春こそ、毒出しモードに身体にスイッチ入っていきます。


デトックスをするなら、今がチャンスです。



デトックス(毒出し)

鍼灸治療             60分6000円

カッピング(背中マッサージ付き)  30分4000円 

鍼灸治療(30分)とカッピング(30分) 60分7000円

 

クローバー瘀血度チェックはこちら



ありがとぅございましたありがとう



葛西 ほうらい鍼灸☆九鍼堂治療院内のエステ

平日11:00〜21:00 (最終受付19:30)
土日祝11:00〜19:00 (最終受付17:00)

ご予約専用番号 03-5676-5900

施術中・外出中は電話に出られないことがあります。
おかけ直しいただくかメールでご連絡ください。






 

お血(おけつ)の痕は 恥ずかしくない

  • 2015.04.19 Sunday
  • 19:59

瘀血をカッピングで出すと、

背中がすごいことになったりしますびっくり




まだカッピングの途中ですが、これが背中全体に

まぁるいのが広がって〜
 
うわ〜っ(๑*д*๑)!!

K様、3回目の瘀血カッピングお写真ですが、まだまだ出ますね〜

昨日4回目、ご来店の時
 
『ニキビが新しいのが出来なくなってきました〜』と

おっしゃってました♪本当によかったですスマイル

お写真ご協力ありがとぅございましたハート







アスリートさん 

モデルさん

みなさんやっていますね〜



モデルさん 街なかを隠さず、

『これ見てよ、私の瘀血』的に

堂々と背中の開いたドレスを着ていますね


なぜって、身体にいいことを知っているからですニコッ


自分は、ちょっと〜っと思う方

今のうちにバンバン瘀血をだしましょう

もうすぐ、薄着の季節ですよ〜


 
ありがとぅございましたありがとう
 
通常料金
瘀血解消カッピング 20分 3000円
マッサージ付き   30分 4000円




葛西 ほうらい鍼灸☆九鍼堂治療院内のエステ

平日11:00〜21:00 (最終受付19:30)
土日祝11:00〜19:00 (最終受付17:00)

ご予約専用番号 03-5676-5900

施術中・外出中は電話に出られないことがあります。
おかけ直しいただくかメールでご連絡ください。

 



 

お血(おけつ)もいろいろ

  • 2015.04.19 Sunday
  • 19:01

瘀血(おけつ)の痕(あと)は、さまざまです。





健康状態がよければ、薄いピンク色

赤を通り越して、紫色ぽかったり
ぷっくり水疱のようになったり
パンパンに固くなったり
お身体の状態によって、反応の出方が変わります。





色が濃く出たら、お身体が悲鳴をあげています。





カッピング後の斑点は、吸引効果により血管拡張したもので、

今まで血行が悪かったところほど、急な血管拡張により斑点の色は濃く現れます。

血行不良なところは、濃赤〜黒っぽくなります。 






血液もドロドロより、サラサラな方がいいですよね


瘀血をとって、からだを楽にしてあげましょう〜

通常価格
瘀血解消カッピング 20分 3000円
マッサージ付き   30分 4000円



ありがとぅございましたありがとう




葛西 ほうらい鍼灸☆九鍼堂治療院内のエステ

平日11:00〜21:00 (最終受付19:30)
土日祝11:00〜19:00 (最終受付17:00)

ご予約専用番号 03-5676-5900

施術中・外出中は電話に出られないことがあります。
おかけ直しいただくかメールでご連絡ください。





 

お血 こんな感じです

  • 2015.04.18 Saturday
  • 18:56

カッピングすると…




こんな感じになります。

痛そうですか?

最初は、ちょっとつねられたような感じがしますが、

数回でそのような感覚は、なくなります。
 
終わった後は、背中がとてもポカポカして身体がなります音符

カッピングお好きな方、たくさんいらっしゃるんですよ^^

お化粧のノリも良くなります♪

ぜひ、やってみてくださいね〜






 

お血チェック

  • 2015.04.16 Thursday
  • 16:41

お肌のシミ! クスミ! クマ! 痩せにくい! のは、

瘀血(おけつ)が原因かもしれません!!



瘀血(おけつ)とは・・?

本来体の中をサラサラとスムーズに流れるはずの血液が、体のあちこちで滞ったり、
血液そのものが汚れてドロドロした血になり流れにくくなった状態を
東洋医学では「瘀血(おけつ)」と言います。

瘀血は、痛み・しこり・黒ずみ が3大特徴といわれています。
・肩こり
・頭痛
・生理痛

などとなって現れます。
最近、不調だなぁ〜っ思ったら血流が滞っているのかもしれません。

特に女性には程度の差は別にして、必ず瘀血があると考えられます。

そこで、
健康管理、体質改善、病気の予防として、瘀血治療をおすすめしています。



「瘀血」テスト

クローバー瘀血があると、このような症状が考えられます。

□しみ・そばかすが多い
顔色がどす黒い
あざが出来やすい
傷あとやにきびあとが残りやすい
唇の色が紫っぽい
頭痛(刺すような痛み)
めまい
耳鳴りがする

□肩こりがある
生理不順や生理痛がある
月経の色が黒っぽく、レバー状の塊が混じる
□月経痛(同じ場所に刺すような痛みが継続的に続く)
子宮筋腫や子宮内膜症がある
肌あれやお化粧のノリが悪い
目の周りが黒っぽい(クマ)
舌の裏に静脈が黒々と浮き出ている
冷えのぼせする(足は寒いのに顔や上半身だけほてる)
唇や歯茎の色が悪い
肩や背中がこりやすい
手足のしびれがある
手足腰が冷える
静脈瘤がある
便秘ぎみ
□便が黒い

へその周りを押すと重苦しい感じがある
□刺すような痛みが同じ場所にあらわれる
□皮膚にツヤがなし
□寝つき・寝起きが悪い
□下腹部に硬いしこりがある
□寒さ・冷えで症状が悪化する
□口が渇くが飲みたくない
□冷えのぼせ

 
いかがですか?

★5個以上チェックがついた方は要注意です!!

「瘀血」が身体に生じてしまうと、なかなか取れにくいです。
辛い症状が続くなら、定期的に鍼灸治療を続けることを、お薦めします。

川の流れにたとえると、「気滞」は水の流れが悪くなったところ
そこには、土が溜まったり、ときにはゴミが溜まったりします。
すると、さらに水は流れなくなってしまいます。

同じ事が身体の中で起こっています。

「気」を滞りなく流してあげて、
身体の中をキレイな状態にしておきましょう


思い当たったら、瘀血を解消してお身体を楽にしませんか〜


ご訪問ありがとうございましたありがとう




葛西 ほうらい鍼灸☆九鍼堂治療院内のエステ

平日11:00〜21:00 (最終受付19:30)
土日祝11:00〜19:00 (最終受付17:00)

ご予約専用番号 03-5676-5900

施術中・外出中は電話に出られないことがあります。
おかけ直しいただくかメールでご連絡ください。




 

背中のコリをみて内臓を整える ― 背中のコリ感を瞬時に取り除く方法 ―

  • 2015.03.24 Tuesday
  • 17:39
背中のコリをみて内臓を整える

誰でもできる、ツボとツボの軽い刺激で
― 背中のコリ感を瞬時に取り除く方法 ―

背中のコリはなぜ起こる?

背中のツボは各々の内臓の機能低下をあらわしています。




東洋医学(鍼灸・漢方)では背中やお腹に五蔵六腑(六臓六腑)の状態を
あらわすツボがあります。

→ ─ 背中のツボとお腹の大事なツボ ─
    (背部兪穴と腹部募穴の図)



 ----------------------------------------------------

東洋医学(鍼灸・漢方)では、背中の背骨の高さに応じて五蔵六腑(六臓六腑)の
診断ポイントであり、治療ポイントとしての重要なツボ(経穴)があります。

背中のツボ(経穴)を順番に軽く圧してゆくと、コリのあるところ、
痛いところ、強く押してみると心地よく感じるところなどを感じて頂けると思います。

図の中のツボ(経穴)が、機能低下をしている内臓と考え、身体の五蔵六腑(六臓六腑)の機能低下があるとみてゆきます。


― 背中のコリ感を瞬時に取り除く方法 ―

それらの背中やお腹の代表的なツボ(経穴)と、
手足にある関連するツボを軽く刺激することで、
未病程度の人ならばその場で凝りの感覚がほぼなくなることを感じて頂けます。
これは、マッサージや指圧で強く背中のコリをゴリゴリしても凝り感はなくならないのですが、
軽い刺激で、鬱滞している手足と背中の気の繋がりを通すだけで取り除く方法です。
背中と手足の対応するツボ(経穴)だけでできてしまうものです。
未病が浅い方は、凝り感がなくなった後には、お腹やからだが軽い感じになっていることも感じられます。

これは、マジックでも何でもなく、またあまり特別な技術は必要とすることがなく、
少しのコツで誰でもができ感じで頂けるるものです。
昔の人たちが語ってきた、経絡という気の流れによって、ツボ(経穴)と内臓の繋がりを
そのまま実証できる鍼灸の理論のごくごく基本的で、また大事なものです。

例えば、この方法をやった後に他の場所などでもマッサージなどを行うと、
普段は取れにくいある場所の頑固な凝りも軽い刺激で簡単に取れてしまうことも
わかると思います。
このようなことが、五蔵六腑(六臓六腑)のバランスを整えるということです。

当院の患者さんでもご興味があり、御自身でお灸やマッサージなどをされる方に簡単にやり方を伝えると(背中のツボと対応するツボ(経穴)の図を渡して簡単なやり方をやってもらうだけです)
誰でもできてしまうもので、手足のツボや反応点と内臓が、
経絡という気(生命エネルギー)によって繋がっていることを簡単に実感してもらうことができ、古来からの経絡説というものを身体で感じて頂けることができます。

経験医学というものは、時代の変遷や淘汰を超えて残ってきたものだといわれます。
本来(自然なからだの状態)では誰でも感じることができる(誰でも経験できる)身体感覚によって各々の時代の人々によって同じように経験され築かれてきたものだと実感しています。



 --------------------------------------------------------

(風邪で身体感覚が異常なとき―
脳と感覚や運動をつなぐ入出力が正常な状態ではないときはこの感覚がわからない状態になっています。この場合はまず風邪などを抜くことをしないと上記のような感覚はわかりずらい状態になっています)


この身体感覚が正常ではない状態を
カイロプラクティックやキネシオロジーの理論などでは、
『スイッチングをおこしている身体の状態』などと区別していて、
まずはじめに身体感覚を正常に戻す段階の治療からはじめたりします。

『まずこれを行わないと通常の施術では通用しない身体の状態』ということです。

東洋医学的には風邪、邪を抜く治療や、経絡のバランスを整える施術をまず行います。
異常感覚を起こしている身体とは全く異なる正常な状態に戻るので、
それまでとは異なり、自然治癒力がうまく働く身体の状態になります。
これだけでも身体がスッキリした感じになります。


『猫背』



 → 背中のコリをみて内臓を整える さらに詳しい内容です。



 

カラダと心の自然の感覚を取り戻そう!

  • 2015.03.20 Friday
  • 15:31
葛西 看板のないプライベート治療院&エステ

ほうらい鍼灸 九鍼堂です。


当院の鍼灸気功施術は
原因をさぐり根本的になおしていくことです



マッサージと、からだを整える施術とは大きな違いがあります。

鍼灸や整体・気功などでは、からだを診てその人ごとの体調や体質を細かくみてゆき、

その時により変化してゆくからだの状態を把握し、その時のからだに応じた施術をしてゆかないと、からだは応じてくれません汗

一般的にマッサージというものは、からだを診るということをしなくても誰でもできるものです。

一方、鍼灸や気功、ヨガなどはからだ全体をみて、運動の力学的ポイントや、筋肉のスジから内臓に繋がる力の流れ、

またその流れの要所(ツボ)、エネルギーポイントというものに注目します。

そこに軽い刺激を加えるだけでからだの状態は大きく変化します。

鍼灸療法は、運動器から内臓の繋がりという、からだ全体をみた上でからだのある部分を整える施術法です。





マッサージはからだが疲れている時にはとてもよく、当院でも疲労回復を目的に整体の施術もします。

しかし慢性疲労のようにマッサージをしても追いつかない。

すぐにまた肩が凝るというのは、からだを診ての根本解決をしていないからです。

その場で、からだの感覚がどんどん変化する

当院の『経絡気功鍼灸』

是非、感じてみて下さい(^o^)

=======================================================

『12原穴診断治療法』

左右の手首・足首の四カ所の動きをみて、機能低下している内臓をみる、
古くからの鍼灸の基本的な『原穴の診断・治療』の方法です。

左右の手首と足首をクルクル回してみて、四カ所のうちどこが一番動きが悪いか感じて頂きます。
鍼灸の理論を使って、その部位とは離れたところ(ツボというエネルギーポイント)に鍼や指で軽く刺激を加えるだけで
その場で、動きの悪かった手首や足首の動きが軽くなるのを感じて頂けます。

ご説明 リンク

ご予約について


ありがとうございましたありがとう



ほうらい鍼灸 九鍼堂
03-5676-5900


地図
http://kyushindo.feel-hariq.com/maptemp.html






 

☆メールアドレス変更になりました☆

  • 2015.03.11 Wednesday
  • 18:48
いつもありがとうございます。

葛西 フィール九鍼堂です



ご予約で、ご利用頂いておりましたメールアドレスですが
機種及びキャリア変更に伴いまして

メールアドレスを変更することとなりました。

今後は、独自アドレスになりましたので、

以後、変更はなくなるかと思います。


(PCメールアドレスなので、携帯・スマホで着信拒否設定をされていますと、

受け取れない場合がございますので
、ご登録頂いた番号へ送らせて頂きました。)


 
以下のメールアドレスに変更になります。

ご迷惑おかけして大変申し訳ありませんが、ご登録よろしくお願いいたします。


 
  ↓  ↓
 
●フィール九鍼堂
電話 0356765900


●田中勝

旧アドレス
man-hu@t.vodafon.ne.jp

    ↓ 新アドレス
●田中富士子

旧アドレス
feel.9410-fuji@softbank.ne.jp

    ↓ 新アドレス

携帯の番号はそのままです。
お手数ですが、再度ご登録くださいますよう、
よろしくお願い致します。


当院より、不定期ですがキャンペーンなどお得な情報をお送り致しますので

未登録の方、以前E-mail登録したけどアドレス変更になっている方

この機会に、ご連絡ご返信いただけると嬉しいですスマイル

(お名前・電話番号を記載して送ってくださいね〜)


 
ありがとうございました。



 
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
フィール九鍼堂
〒134-0084 東京都江戸川区東葛西6−14−3 ルグラン東葛西202
電話 0356765900
http://www.feel-hariq.com/  (エステ)






 

calendar

S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< September 2017 >>

selected entries

categories

archives

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM